ウコンの主な成分

肝機能の向上、二日酔いの予防など
健康に良い効果をもたらしてくれるとして注目されているウコンの有効成分「クルクミン」なのですが
ウコンにはクルクミン以外にもいろいろな成分が含まれており、それぞれに良い効果を持っています。

ウコンに含まれている成分とそれぞれの効果をご紹介します。

健康や美容に役立つ成分や効果ばかりですので是非お役立ていただけますと幸いです。

クルクミン

クルクミンは、ウコンの代表的な成分でご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
クルクミンには、肝臓の機能を向上させることのできる効果があり、胆汁の分泌を促進させるなどの働きを持っています。
ウコンが二日酔いの予防に良いとされているのもクルクミンの効果によるものです。
大量にお酒を飲んだ場合、肝臓がアルコールを分解しきれなくなってしまい二日酔いが引き起こされるのですが
ウコンのクルクミンの働きによって肝臓がアルコールを分解するのを手助けしてくれるのです。

ターメロン

ターメロンもクルクミンと同じく胆汁の分泌を促進させるという働きを持っています。
殺菌効果や防腐効果、抗炎症効果などもありますので幅広く健康を守ってくれる効果があると言えます。
ウコンにはとても強い苦味があることで知られているのですが、この苦味はターメロンが苦味成分であることが理由です。
とくにターメロンを多く含んでいる春ウコンは、秋ウコンや紫ウコン(ガジュツ)などと比べて苦味が強いウコンです。

シネオール

健胃効果・殺菌効果・防腐効果があるとされているシネオールなのですが
コレステロール値を下げる効果もあるとして注目されている成分です。
高血圧を正常化する効果や冷え性の改善、不整脈の改善などにも効果があるとされています。
コレステロール値を下げる効果によって生活習慣病の予防にも繋がります。

エレメン

癌の予防や改善にも効果があるとして注目されているウコンなのですが、エレメンという成分の働きによるものです。
エレメンには、癌細胞など腫瘍が増殖することを抑制する効果があるとされているのです。
実際に医療の現場でウコンや使用された例もあるようです。