ウコンの効果・効能まとめ

肝臓に良いとされ、二日酔いの予防などにも役立つウコンですがウコンにはいろいろな効能があります。

ウコンに含まれている有効成分には、健康に良い成分が多く含まれており
みなさんもご存知の肝臓に良い効果や病気の予防・改善にも効果があります。

癌を予防したり改善する効果もあるとされているのですが
実際に治療にウコンを使用した例もあるようです。

ウコンの主な効能ですが
肝臓機能の促進・改善
動脈硬化の予防・改善
コレステロールを減少させる効果
便秘解消
活性酸素を抑制する効果

ミネラルの補給などが挙げられます。

ウコンの肝臓への効果

肝臓に良いと知られているウコンですが、ウコンに含まれている「クルクミン」という成分が肝臓の働きを良くしてくれます。
クルクミンによって、胆汁の分泌を活発にする効果があるからなのです。
みなさんがご存知の二日酔いに良いとされている理由も同じ理由から言われています。
「アセトアルデヒド」という成分が二日酔いの原因となっているのですが、このアセトアルデヒドを分解する働きを持っています。

コレステロールの減少と動脈硬化の予防

ウコンには、コレステロールを減少させる効果や動脈硬化を防ぐ効果があるのですが、ウコンに含まれる豊富な食物繊維によってコレステロールを吸着してくれるからなのです。
腸内でコレステロールを吸着し、排出してくれます。
また、ウコンに含まれている精油は血中のコレステロールを分解するという働きを持っており
体内にコレステロールが溜まりにくい状態を作ることができるため、動脈硬化を予防することも可能だとされているのです。

女性に嬉しいウコンの便秘解消効果

男性と比べて、女性は腹筋の力が弱いことや冷え性になりやすいことから便秘になりやすいと言われています。
ウコンには、便秘を解消する効果もあるんです。
ウコンに含まれている食物繊維によって、体内に溜まってしまっている有害物質を排便と一緒に排出してくれます。
食物繊維は水分を含むことによって大きく膨らむという性質があるのですが
食事と一緒にウコンを摂取することによって満腹感を得ることができ、ダイエットにも繋がるとされています。

ウコンの効果参考→ウコンサプリの効果と副作用

ウコンには癌やアルツハイマーを
予防する効果がある?

ウコンには、癌を予防したり、癌の改善にも効果があると言われています。

ウコンには50種類ほどの仲間があるとされているのですが主に栽培されているウコンは4種類あり、みなさんもご存知なのではないでしょうか。


・Curcuma aromatica Salisbury
(春ウコン)

・Curcuma domestica Valeton
(秋ウコン)

・Curcuma zedoaria Roscoe
(ガジュツ)

・Curcuma xanthorrhiza Roxb
(クスリウコン)

「春ウコン」「秋ウコン」は耳にしたことのある方も多いと思いますが
成分を比較してみると、クルクミンと精油が主な成分のウコンですが
秋ウコンは精油を多く含み、精油の量は少なめです。
春ウコンはクルクミンの量が少なく、精油が多く含まれています。

みなさんがよく耳にするウコンの効果と言えば「二日酔い」なのではないでしょうか。

この二日酔いの効果が高いとされているのが秋ウコンです。

秋ウコンのクルクミンと精油の効果によって、肝臓・肝機能を改善する効果を得ることができるのです。

秋ウコンには、癌の予防やアルツハイマーの予防にも効果があると言われています。

一方で、春ウコンに含まれている精油には、免疫力をアップさせることのできる効果があり
癌の治療にも使われたというデータも残っているようです。

春ウコンに含まれている精油には「特別な成分や効果があるのではないか?」と言われているのですが
研究はあまり進んでいないようで、癌やアルツハイマーの予防や改善のためにも今後も注目したい成分です。

ウコンの成分や効果についての研究は、日本だけではなく世界中で行われており
「肝臓・肝機能の回復」「消化器の改善」「免疫力の向上」「癌の予防・改善」「アルツハイマーの予防・改善」といった効果はとくに挙げられている効果です。

日本やいろいろな国で「高齢化」が進んでいますが、高齢化が進むと同時に
癌やアルツハイマーの患者も増加していることが問題となっています。

ウコンの効果によって、日本が健康な国になると良いなと思います。

ウコンが二日酔いに効く理由

二日酔いに良いとして知られているウコンですが、どうしてウコンが二日酔いに良いのか理由はご存知でしょうか。

二日酔いに良いとされているのはウコンに含まれている「クルクミン」という有効成分なんです。

クルクミンは、ウコンの主な成分です。

お酒を飲む前にウコン!なんて良く耳にしますが、クルクミンの働きがお酒を飲まれる方から大注目されています。

クルクミンには、肝機能を高めることのできる働きがあるのですが
そもそも二日酔いになる原因をご存知でしょうか。

二日酔いの原因は「アセトアルデヒド」という物質なのですが
このアセトアルデヒドは、肝臓で処理されています。

お酒を飲みすぎることによってアセトアルデヒドを肝臓が処理しきれなくなってしまうことで二日酔いが引き起こされています。

アルコールを分解してくれている肝臓ですが、肝臓がアルコールを分解することによってアセトアルデヒドが発生します。

アセトアルデヒドの処理を手助けしてくれるのがウコンのクルクミンなんです。

ウコンにはいろいろな種類の仲間があるのですが
主に知られているウコンは「春ウコン」「秋ウコン」「ガジュツ(紫ウコン)」なのではないでしょうか。

この3種類のウコンは、ほとんど見た目には変わりがありませんので見分けるのは少し難しいかもしれません。

しかし、効果には大きな違いも見られます。

二日酔いに効果のあるクルクミンを多く含んでいるウコンは、春ウコンと秋ウコンです。

ガジュツ(紫ウコン)には、クルクミンはほとんど含まれていないのです。

ウコンは、クルクミンと精油が主な成分なのですが
春ウコンと秋ウコンにはクルクミンが多く含まれており
ガジュツ(紫ウコン)には精油が多く含まれています。

二日酔いの予防としてウコンを摂取したいのであれば、春ウコンと秋ウコンをオススメします。

ウコンは苦味がとても強いですので粉末で摂取される場合は、飲みやすい工夫をする必要があります。

また、多く摂取すれば効果が高まるわけではありません
過剰に摂取しすぎたことで肝機能が低下するなどの副作用を引き起こす危険性もありますので
摂取量は必ず守って摂取するようにしましょう。