ウコンのダイエット効果

ウコンには、ダイエット効果があるとされているのですがご存知でしょうか。

ウコンのダイエット効果をご紹介します。

クルクミンという有効成分で痩せる!

ウコンには「クルクミン」と呼ばれている有効成分が含まれているのですが
このクルコミンにダイエット効果があることがわかっています。

「GLP-1」というホルモンに痩せる効果があると言われているのですが
GLP-1が膵臓にあるβ細胞を刺激することでインスリンが分泌され
食事をすることで増えてしまった血中の糖を筋肉へと移動します。

筋肉へと移動した糖は、筋肉を動かすことによって消費されていきます。

通常は、このようにして糖が消費されているのですが
GLP-1が減少してしまうことでインスリンの分泌が減ってしまい
糖が消費されずに血中に溜まってしまいます。

血中の糖濃度が高くなり「糖尿病」を引き起こす原因にもなってしまうのです。

インスリンの分泌を増やすことができれば、血中の糖が消費されますし
GLP-1によって糖を消費し、脂肪を溜め込まないようにすることができれば
「ダイエットに繋がる」「痩せる」ということです。

GLP-1というホルモンを増やすために、ウコンのクルクミンという有効成分が良いと証明されています。

ウコンで痩せることができるということがわかったのです。

ターメロンとシネオール

ターメロン・シネオール・クルクミンには「胆汁の分泌を促す」という働きを持っています。

胆汁は、肝臓によって作られているのですが
脂肪を分解したり、脂肪を吸収するなどの働きがあります。

脂質の代謝を活発にしたり、余分な脂質を排出してくれているのです。

体内にある余分な脂肪やコレステロールを排出してくれますので、ダイエット効果を期待することができます。

胆汁は、肝臓によって作られていると話しましたが
コレステロールを原料にし胆汁が作られていますから、コレステロールの消費に役立つのです。

どのようなダイエットでも同じことが言えるのですが、大量に摂取すれば効果が高まるというものではありません。

ウコンでダイエットする場合もウコンの1日の摂取量3gを目安に摂取しましょう。

また、肝臓に疾患などのがる方が摂取する場合は
かかりつけの医師などに相談してから摂取するようにしましょう。