ウコンの有効成分「クルクミン」とは?

ウコンが二日酔いの予防に良いとされているのは、ウコンに含まれている「クルクミン」という有効成分の効果があるからです。

クルクミンには、肝臓の機能を強化することのできる効果があるのですがアルコール(お酒)をたくさん摂取したことで、肝臓が代謝しきれなくなってしまったアルコールが原因で二日酔いが引き起こされます。

クルクミンが肝臓の機能を強化することで代謝を活発にすることが可能になり、二日酔いを予防することができるのです。

二日酔いを予防するためにサプリメントによってウコンを摂取する方も多いのではないかと思うのですが吸収しやすいカプセルタイプやドリンクタイプのウコンであれば、アルコールを飲む10分ほど前に摂取すると良いでしょう。

錠剤タイプや粉末タイプのサプリメントによってウコンを摂取する場合は吸収するまでに時間がかかってしまいますので、アルコールを飲む1時間ほど前に摂取しておくと良いでしょう。

ウコンの有効成分「クルクミン」には、二日酔いを予防するだけではなく、意外な効果も持っているんです。

皮膚疾患を予防する効果

ウコンを摂取することによって、有効成分クルクミンが紫外線から皮膚を守ります。
紫外線によってシミなどの色素沈着を予防することができ、美容効果があるとして注目されているのです。
クルクミンには、体内の老廃物を排出し老化を防ぐ効果もありますから、アンチエイジング効果が期待できお肌にも良いのです。

感覚器疾患を予防する効果

ウコンの有効成分クルクミンには糖尿病を予防する効果があるとされているのですが
糖尿病によって引き起こされてしまった白内障の症状を抑制する効果が期待できるとされています。
まだこの効果が認められているわけではありませんが、糖尿病によって引き起こされる合併症にも効果があると期待できるのではないでしょうか。

癌を予防する効果

・肝臓癌
・肺癌
・皮膚癌
・大腸癌
・前立腺癌
・乳癌
・腎臓癌
これらの癌を予防することができるとしてアメリカ科学学会が発表しています。